浮気調査

不倫調査・相談 興信所ランキング

 

 

 

 

 

スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、それが元で不倫が判明するといったケースが増えています。
パートナーが以前に比べ頻繁にSNSをチェックしたり、こそこそ更新していたら、日常的に浮気相手と接触を持っていると疑ったほうがいいかもしれません。

 

配偶者の態度とSNSは不倫の有無を判断する好材料にもなりえます。法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、離婚や慰謝料請求の訴えを行っても分が悪いでしょう。

 

つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否することがあるからです。
ぐうの音も出ないような証拠を突きつけることができれば、訴訟はあなたに有利になるでしょう。証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのは不本意ですよね。

 

 

ですから、信頼できる調査結果を入手しておくことは大事です。調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーというわけではなく、たとえば規模の大きな探偵業者では以前から決済方法にクレジットカードも選択できるようになっています。
明細書に記載される表示に配慮している会社も多いので、カードの使用明細によって興信所や探偵を利用したことがばれるおそれがないのが嬉しいですね。

 

クレカで支払いができるようにするためには会社としての実績も必要ですから、それだけ信頼性も高いということです。近頃ではスマホが元で不倫が露見するといったケースが少なくありません。

 

過去にはPCメールが証拠となりましたが、いまはスマホのメールやLINEなどに配偶者の不倫の証拠が隠されているというのは当然でしょう。ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、不倫の証拠はスマホの中にあるでしょうし、本人のガードも堅いと思います。浮気に走るきっかけというのは主に、単調な結婚生活が嫌だったという自己中心的な感情です。

 

 

 

異性として恋愛対象になるという気持ちの高まりが浮気へと走らせるようです。

 

怒ったところで逆効果ということもありますから、双方の言い分を尊重し、お互いに不満に思っていることは何なのかを確認しあうのが肝心です。言い合いにならないよう冷静な気持ちで臨みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調査会社が探偵業務で使用する道具というと、かつては無線発信機を使用していたのですが、近年は精度の高くなったGPSに取って代わり、旧型の発信機と比べると明らかに追跡性能が向上しました。

 

いまどきのGPSの精度はとても高く、よほど電波の届きにくいところでなければ相手車両の発見は容易になりました。
GPS を取り付けることができれば追跡調査の確実性は著しく増すのです。

 

誘われたからとか遊びだったとか言い訳しても、自らがした不倫の償いは、けして安くはありません。とはいえ浮気された側がどういう態度に出るかで違ってくるでしょうが、離婚と財産分与のために自宅を手放したり、揉めれば裁判になったり、慰謝料を払うことにもなりえます。軽い気持ちで始めても、浮気がバレた時点で、一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にして償わなければいけないのです。探偵を使い慣れている人っていませんよね。

 

 

 

配偶者の浮気で、初めて探偵業者を利用しようというときは、一律いくらとか安価なところは魅力的です。
ただ、誹謗するわけではありませんが、極端に安いときは、用心にこしたことはありません。安い価格からしても粗雑としかいいようがない調査を行っているパターンもあるわけですから、正式に依頼してしまう前に、誠実な会社なのかどうかぐらいは最低限チェックしておかなければなりません。
配偶者の浮気がわかったら、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。しかし利害がかけ離れた人間同士で話し合いを持つと、自分の立場を主張することに躍起になって、話がややこしくなりがちです。

 

うまくいかないときは訴訟になる可能性もあるので、手に負えない気がしたら弁護士に相談して、問題のスムーズな進展を目指していくと負担も軽くなるというものです。

 

配偶者のいる人が不倫してしまった際、もしばれれば、相手から慰謝料を要求されることもあるでしょう。
相手がきちんとした裏付けをとっていれば、やっていた方は明らかに分が悪いです。慰謝料の額は実際、2ケタ万円から3ケタ万円と大きな違いがあるようです。
払える見込みが立たないときは、減額が可能かどうか相談してみるのも悪くないかもしれません。探偵業者を選ぶ際は、あとでがっかりしないためにも、地域の専門性で選ぶのも手です。相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者をあたってみると良いでしょう。

 

地元に精通していれば、それだけ詳細な調査ができますし、報告書の内容がより克明になります。

 

それに依頼する内容や諸条件によって得意なこととそうでないこととがありますし、あらかじめホームページとかそこに書かれている電話番号などに直接確認してみると良いでしょう。浮気で生まれたいわゆる婚外子でも、認知を求めることができるのをご存知でしょうか。

 

認知してもらえれば子供のための養育費を請求できますし、子供とその親にとっては大事な手続きでしょう。

 

 

 

浮気だからと認知に消極的なときは、裁判になることもあります。
子供なんて出来てしまったら大変ですから、なんとか不倫をやめさせないと、長い将来にわたって多大な支出も生じかねません。

 

 

不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、離婚や慰謝料請求の訴えを行っても苦しいかもしれません。

 

パートナーの不倫行為が立証できなければ、裁判で不倫そのものが否定される場合もあるのです。そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。
思い違いで離婚裁判や慰謝料請求なんてことは本意ではないはず。

 

だからこそ、しっかり調査するほうがいいでしょう。

 

 

 

ネットで検索すると探偵社がたくさん出てきて困っていませんか。調査相手には行動範囲があるわけですから、どの地域なのかを中心に、ウェブで検索してみると良いでしょう。
ある程度の選別ができたら電話をかけて、話してみることをお勧めします。

 

相手は専門家ですが、話をしてみないと、良さそうな探偵社かどうかなんて判断しようもないです。
電話から最初の一歩を踏み出しましょう。探偵業者が不倫や素行調査を行う際は、刑事ドラマで「あるある」みたいな方法で探索を行うこともあります。行動追尾や張り込みは言うまでもなく、行動と場所と時間のパターンを分析した上で、時にはそれらの人たちに聞き取りをすることもあります。

 

業者によっては、社外の人間には公表されていない調査手法などもあり、結構ハードな世界のようです。一般に知られている通り、同窓会での再会は、浮気のきっかけになる危険性が高いです。好きだった人が素敵な大人になって現れたり、元クラスメイトということで性別の垣根が取り払われるので距離が一気に縮まります。

 

 

 

クラス会や同窓会後に相手の様子がおかしければ、不倫の可能性も考えてみてもいいかもしれません。
探偵を利用したいと思っても、お金のことは気になりますよね。
調査会社への代金の精算方法についてですが、全国展開しているような大手だとクレジットカード払いやローンでの分割払いに対応しているところもあります。

 

 

 

すぐ不倫の調査を依頼したいのに、代金の都合がつかないという場合は、分割OKの事業者を探して依頼するのも良いかもしれません。

 

私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。簡単です。遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。大抵の人間はウソをつくとき、やたらとハキハキ回答したがりますから、それを見るだけです。

 

 

また、簡単な返事で済むところを、聞きもしない詳細を喋り出すのは限りなくクロに近いです。

 

 

やましいと思っているほど、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話しつづけ、ボロが出ます。

 

 

 

落ち着かず目を泳がせるので、見ていてすぐ判別がつきます。パートナーに浮気され裏切られた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。経験値の高いプロに相談することで、無理なく精神状態の回復を図ることができるでしょう。

 

浮気によって離婚後も異性を生理的に受け付けなくなるとか、自分の人生なのにポジティブになれないという例も多いです。それに、夫婦でもう一度やり直したいと考えている場合も、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。
当事者の負荷が大きい不倫は、いつか終わりを迎えるときが来ます。浮気が露見した結果、家族がばらばらになったり、高額な慰謝料を要求されることも考えなければなりません。

 

あるいは双方離婚してくっつくことだってあります。いずれにせよ、心の底から安心して幸せになるという到達点は、あるわけがないのです。一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、パートナーにしてみれば、人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。

 

 

 

その許す事ができない行為をしたい放題にしておくなんてもってのほかです。
不倫の証拠収集というと色々ありますが、やはり携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは身辺調査だと思います。基本は浮気ですね。
挙動不審なところがあるので、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、目的をはっきりさせれば、いくらでもそれに応じてくれるはずです。

 

不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、証拠が明白であることが大事ですし、やはりプロの探偵に依頼するのが良いでしょう。興信所に不倫の追跡調査を依頼した際、別途、代金を請求されるというケースがあるようです。
驚いたり不審に思う前に、契約時にもらった書類に目を通してみましょう。

 

 

オプション発生時の条件が記載されています。だからこそしっかりと確認することは、トラブル防止に役立ちます。また、不明なことがあるのなら、契約を交わす前に今一度確認させてもらうことがおろそかにしてはなりません。

 

探偵業の存在を知っていても、利用することはほとんどないでしょう。浮気調査をしてもらおうと決めたところで、依頼先選びに苦慮するのは当然とも言えます。

 

 

 

個人ないし法人が探偵業務を取り扱う際は、公安への届出が必要で、認められれば営業所ごとに番号が付与されるので、違法な会社や怪しいところでないかは、届出番号を取得しているかどうかでもわかります。
少なくとも会社のサイトや広告等に番号の掲載があるかどうかをチェックしましょう。
会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査は、出来高制を採用している場合もあります。

 

それって浮気の証拠を押さえない限りは無料ってことですよね。
ラッキーと思うでしょうが、不倫そのものがないのではと思われるときや、日数の長期化があらかじめわかるケースでは受け付けてもらえないこともあるそうです。

 

 

 

また逆に成功したときに、「うわっ」と思うような請求書をつきつけられることもあるので注意してください。

 

ホームズやポアロは別として、探偵といえば、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。対象にそれと悟られないよう行動を見守り、状況を報告したり、裏付けをとったりする作業です。

 

 

露見することはまずありませんが、調査員は対象の動きを先読みして予測しなければいけません。

 

 

相手の不定型の行動に迅速に対処するのがこの仕事なのです。

 

ダンナの不倫や隠し子などの調査依頼のために探偵の元を訪れるとかいう設定は、レディコミやドラマでも時々見かけます。ストーリーの中の探偵さんの仕事を見ていると、真似くらいはできそうな気がしますが、たとえば警戒している調査相手にわからないように尾行し、写真などの証拠を得るのは、初心者には到底無理です。
調べていることが向こうに分かってしまっては元も子もありませんから、調査は専門家に依頼するべきだと思います。悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。
相談に行っただけなのに事務所に足止めし、過度に不安を煽ったり、契約を急かすようなところは注意すべきです。帰宅したあとに、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。

 

 

 

普通の営業をしている探偵業者なら、けしてそのような行為はありません。

 

探偵を頼むなら、能力の高いところに依頼したいものです。

 

 

どんなところが高い技量を持つかというと、企業規模も確実に影響してきます。

 

 

広いエリアで加盟会社や協力会社を持つ大手の探偵社なら、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、他社より一歩も二歩もリードしているという良さがあります。大手業者は仕事の品質を維持向上させるため、調査に従事する職員のトレーニングや精度アップに熱心であり、必然的に仕事の品質にフィードバックされてくるわけです。私ではなく職場の同僚の話です。

 

 

奥さんが浮気していて、相手を訴えてやると言っているのです。

 

 

わからなくもないですが、それには裁判費用が要ると聞いたことがあります。不倫の動かぬ証拠をおさえて慰謝料を払わせ、奥さんと会うのも連絡とるのもしないと確約させるのはどうかと言ったのです。まずは冷静になることですよね。業界で名の知れた会社が一番良いとは断言できないものの、比較的規模の大きな探偵社を選ぶとリスクを避けることができるのでオススメです。

 

 

 

中小にも良い会社はあるはずですが、中にはきちんとした探偵業務も行わずに見積りと全然違う料金を請求してきたり、別料金を含む料金体系が不明瞭な会社もあるそうです。

 

それとは別に、相談した際の職員の対応なども重要です。納得がいかないようなら依頼すべきではありません。近年は技術改良が進んで、GPS機能を使えば、浮気が懸念される人の位置情報を容易に把握できるようになりました。

 

GPS機能つきのスマホを使わせることさえできれば、今いる場所を特定できてしまうのです。別に違法というわけではないですし、探偵等を使わず自分だけで不倫の有無を調べたいときには、これとウェブ上のマップを併用するといいかもしれません。探偵社に任される仕事というと、その大半は不倫の有無を調べる追跡調査です。

 

 

 

そんな仕事を例に、プロの仕事をご説明しましょう。一般的な浮気調査では、事前にクライアントから話を聞き、相手を追うことから始まります。
依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、ここぞという日時に限定して追跡し、相手の浮気の証拠を抑えるのです。困ったことにダンナの浮気は、ほとんど病気なみに身についたもののようです。
入籍する前から相手も複数。

 

 

 

常習だったんですね。終わったものまで糾弾する気は既にありません。
何度も浮気するのって、どうして直らないんでしょう。

 

謝られてもこれから一緒にいる意味がわからなくなったので、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。探偵を使ってまで浮気調査する必要があるのかと思っている人は少なくないでしょう。

 

でも、ふとしたことがきっかけで不倫に発展することがあるので、出会いがない現場だろうと放置していては、あとで泣くことになるかもしれません。出会いが少ないところほど、たまに来る女性が華やかに美しく見えるのです。

 

一緒にいて怪しい点があるときは、浮気調査を探偵にしてもらえば、早くに不安感を解消できますし、精神的にも負担が少ないと思います。